会社員時代にやっておけばよかったと後悔していること:不動産投資

私が会社員時代にやっておけばよかったと後悔しているものの1つに不動産投資があります。

なぜ会社員時代にやっておけばよかったのか?

それは会社員という信用を使うことにより、ローン審査が通りやすいからに他なりません。

実際は銀行ごとの判断で多少のブレがあると思われますが、給与所得者という枠で見ると、公務員→一部上場企業→その他企業の順にローン審査が通りやすいといわれています。

私のような個人事業主のローン審査の通りやすさは最低ランクになります。仮に月に100万円稼いだとしても、月に50万円稼いでいる会社員の信用にはかないません。

会社員当時の私は株式のスイングトレードに取り組んでいて、不動産投資でも資金を増やしたいと思っていました。実際にお金を払って不動産投資のスクールにも通いました。その結果、不動産投資とトレードのどちらも並行して真剣に取り組むのは時間配分の観点から難しいと判断し、結果的に不動産投資を切り捨てました。

ただ、その後も収集した情報を総合すると、どうやら学んだ方法が特に大変なものだったらしく、工夫すれば不動産投資をする時間もきちんと取れたのではないかと考えています。

投資というのは個人により正解があり、その方法が自分にとって正解とは限らないのです。この考えは後になってトレードから学びました。

不動産による収入は不労収入ではなく事業収入

よく不動産投資というと、多くの人は不労収入という言葉を思い浮かべるようですが、実態は立派な労働になります。

物件に足を運んでチェックをし、銀行回りをしてローン審査を得る。これは労働よいうとりは事業という方が適切といえるでしょう。少なくとも不労所得ということはあてはまりません。

不動産投資のスクールに通ったものの、結局やらなかったヤツがでかい口をたたくのも身分不相応ですが、念のためこれだけ警告しておきたいと思います。

不動産投資をやろうと考えている人は、不動産投資は不労収入ではないということを肝に銘じてください。

不動産投資をやるならこのコンテンツはたぶんお勧め

私に信用ができるのはしばらく先になるため、将来的に自分で事業をやってみたいと思っている方は、今のうちに会社員としての信用をフルに使い、ローンをしまくって不動産用の物件を取得していくことをお勧めしたいと思います。

最後に、その後もアンテナを張り続け、このコンテンツだったら人に勧められるのではないかと考えているものを紹介して終わりにしたいと思います。

  1. 水戸大家さん
  2. 次世代大家マサ

ちなみに、私が学んだ不動産投資スクールはFinancial Academyのものになります。人によっては合うと思いますが、私にとっては明らかに合わないと思ったため、ここから除外しました。Financial Academyの名誉の為に断っておくと、講師は心より不動産投資を愛している人で、経験からくる強い説得力があります。あくまでも私に合わなかっただけです。



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP